mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

いつか使うかもしれないから「一人で二人分の会話をするという狂気に満ちた自演テスト」から始まる土曜日


zieN

おおーい

おおーい…

既読スルーですか

さみしくないんか

良い感じに寂しいです

せやろ、これめっちゃ寂しいとおもうんよ

でも可愛い感じにしていきたいじゃん?

可愛い感じにしたくても、まずキャラクターが可愛くないと意味無いの

自分の事を言ってるんか?

お前の事やぞ



はい、雨降ってるんでね、人間行動範囲を半ば強制的に狭められると精神的にやられるっていう拗れ具合から始まったわけですが…

 ブロガーの皆さんは土曜日をどう過されるのでしょうか。僕は普段からやってるゲームを先程やっていたのですが、些細な失敗をして居たたまれない気持ちになってしまいコチラに逃げ帰ってきたわけです。

逃げる場所があるって事は良い事ですね。何も無理して常に真っ向勝負を挑まなくても長いスパンで考えるとそれなりの継続がそれなりの結果に繋がるんじゃないかと負け犬の遠吠えを自分の武器に変えて強く生きているわけです。

 ええ、誰かの何かを参考にして自分が目指すゴールの途中にささやかなショートカットを設定するのは悪い事ではありません。しかし、不確かな情報を鵜呑みにして最短を目指したかったゴールへの道が、思いもしなかった迂回コースへと突入しているではありませんか。

藁をも縋る思いで訳の分からない怪しい情報を鵜呑みにするよりも、「あたなは何がやりたかったのか」と考え、「それは受け入れられるには正しいのか」を考えれば、スタートを切りたいというゴールへの近道になるのではないだろうか。

成長段階で、「何かをします」という宣言もせず、何かを提供したいという強い思いからコンテンツを画面一面に散ばせる事は、製作者の傲慢だ。

自分で作ったコンテンツなもんだから、内容をほぼほぼ熟知しているために、訪問者全てにソレが伝わっていると思っている。しかし、何がしたい所なのか把握できない訪問者は「そっとじ」だ。

 

これ、僕のこと言ってます。

土曜日、後半、スタートです。