mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

最近のメディアはさぁ~



おじさまの露出が多い、そう思う今日この頃。

これは「マス」なのか「ます~」なのか、まあマスなんだろうな。

あ、使い方としてはマスメディアって事か。

それでは、タイトルを改めまして…




最近のマスメディアはさぁ~ 

高齢化社会というパワーワードを引っ提げて日本が動いているせいなのか、おじさまの露出が多い。少し昔と比べると、コンテンツのPRとして企業の人材をマスメディアに露出する事が多くなったと思う。

分野にもよると思いますが、僕の周囲ではおじさまだらけだ。おじさまを起用することは、その分野で名が売れているのだろうからそれがきっとベストなのでしょう。しかし、「今日はこんな若手を連れてきました」という親子共演的なものが非常に少ない。

逆に、ちょっとやらかして炎上しちゃった企業なんかは若手を使って健全さをアピールしている。

それが悪い足掻きになっている事もあるだろうけども、あいにく僕はそこの株主でもないので、その事を非難しようと問い合わせを使った所でただのヒステリーな奴で終わってしまう。

今の世の中、マスメディアを使ってPRする場合、若手とベテランをセットにした方が健全をよりアピールできて良いのではないだろうかと思う。どう思います?二度目ですけど分野によります。

企業は一線で活躍してきた人材をどこまで疲弊させたら気が済むのか。一線を若手に譲っておじさまには横でマスコット的な感じで見守らせてはどうだろうか。僕はそんな企業を知っているが、両者のびのびと業務に打ち込めている。

おじさまは働くなと言っている訳ではなく、アイドルみたいに斜に構えてキメ顔させられてるおじさま達が可哀そうで仕方が無い。「普通に座って笑顔の写真で良いじゃない」と思ってしまう。その横に若手一人置いて良い関係性が築けている雰囲気のある一枚なんかがあると相当なアピールになり、企業もほっこり、見てる側もほっこりでwin-winですよ。

最近のマスメディアはさぁ~ なんてワードを見ると、メディア批判の様な感じですが、そうではなく、おじさまのアイドル化批判です。

もうひとつ。

ダイエット広告の詐欺

広告みるじゃないですか。ここ最近多いのは芸能人の名前を使って「〇〇〇さんがこんなにも痩せた理由が!」みたいな感じのですよ。見ますよね?見ない?いや、僕は見ますよ。

あれ芸能人の名前使って、全く芸能人出てこないのおかしくないですか?って話ですよ。本人の画像が必ずあるのはAYAくらいですよ。サムネ詐欺みたいなもんですよ。それをなぜ企業がこぞってやってしまうのか。

「自分が知ってる女性芸能人がダイエット?みたいみたい~」ってサイトの中に入ったら知らない人ばかりとかスケベ心に火が付いた結果、自らを陥れいていくスタイルですよ。反省をしなければいけないのは僕でした。