mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

友よ、ダイエットは止めないか



オーパッキャマラード、パッキャマラード、パオパオパパパ

オーパッキャマラード、パッキャマラード、パオパオパ

友よ、一歩一歩、共に進もう。


ダイエットを止め、カッコよくなる為の減量を始めさせる

この記事はダイエットが出来ない友人を目覚めさせた一例にすぎない。

梅雨の様な天候が良くはない日に、彼女の友人はこう言う。

「天気悪いとダイエットめんどくさいよねー」

果たしてそうだろうか。何かを理由に普段出来る事が出来なくなるなんて事は多々あると思うのだけど、僕は梅雨のこの時期は減量や肉体改造をするには良い時期だと思っている。

温室育ちのお前さんが日差しの強い真夏にダイエットが出来るのか。

ダイエットという言葉を口にしながら「むしゃむしゃ」と人が買ってきたモンブランをたいそう美味しそうに食べる友人。

万年ダイエットという言葉を口にする人はどこか抜けている。僕が過去に出会ったダイエットサプリ等を販売する人の体形、実にぽっちゃりが多かった。所謂、自覚が無い。僕は友人に苛立ち、そして苛立ちを口にした時にこの物語は始まったのです。

お前のケツはいつになったらダイエットの方に向くんだよ」と。

友人の横でゲラゲラ笑いながら彼女は「こぶたちゃんだもんね~」といい、友人は少し涙目になり、僕は鬼の形相だ。そんな謎のトライアングルを展開中でも友人の口は「むしゃむしゃ」が止まらない。

末期である。

僕は彼女が着ていたタンクトップを捲し上げ、彼女のチャームポイントでもある「油断したらぽっこりするけど今は引き締まっている」ウエストを見せつけ、「これは努力なんだぞ」と言い放つ。

彼女はかっこよくなりたいと思った

少し痩せたい

彼女の口から初めて聞いた「痩せたい」という言葉に若干衝撃を受けたけど、「外見だけでも良いのか、カッコよくなりたいのかどっちなのよ」と少し高圧的に言った所、「良い感じに」と言う。

「良い感じに」という良い感じに使われる言葉が今我が家では流行り言葉でもあるけど、当時の彼女は真剣にふざけた言葉「良い感じに」を少し寂しそうな顔で呟いた。

彼女はかっこよくなる為に努力をした

食事制限というのはまず体内調整をする為、一日に体も動かさないで3000kcalも摂っているような人。または医師からの指示。少々大喰らいなだけの彼女には体内調整と言うよりも肉体調整が必要と思い、軽度な肉体改造というかっこよくなる為の努力をしてもらうことにしました。

彼女に課した試練

  • 家の中でただ立つな。歯を磨く時くらいつま先で立て。
  • 歯磨き終わったらヒザ柔軟してスクワット10回。
  • 理由なくベッドで横になったら腹筋10回からスタート。
  • 床にごろごろしたら背筋腕立て10回からスタート。
  • 体が硬いので一日のどこかで大股開きになって柔軟。
  • 一日のうち、気付いた時にT字なって右に左にウエストを捻る。
  • 外出時、腹筋に力を入れて抜いてを気付いたらやる。
  • 朝と昼は好きな物食べて良し。
  • おやつは寒天。
  • 夜は野菜とササミをメインに、炭水化物はパスタ二口・三口分まで。
  • 寝る前に今日も自分よくやったなと褒める

等々。

もともとスタイルが良く生まれ育った人も、押し寄せてくる年齢という敵には指をくわえているだけでは勝てない。さぼってもいい、どこかでさぼっても良いけど、短いスパンで取り戻す事。

三か月後、171cm 61kgあった彼女は最高56.9kgまで体重を落とすことが出来、結構すっきりしている。一番嬉しかったのは懸垂が1回しか出来なかったのが7回出来た事。力が付いたということは、何かの緊急時に自分自身を守れるのではないかと僕は思います。


これまでの過程を友人に話した結果

「やるっきゃないよね」

まじで軽い。友人の我がままし放題なボディ156cm 58kgをどうやって乙女かっこよくしたらいいのか。と思っていた所、彼女の提案で「夜ごはん食べにきなよ」というどうせ一人でいたら我がままし放題で食べ放題でしょ、と。

体重があるのであまり筋トレみたいものは最初からオススメできず、無理にあるかせてヒザを壊されても困る。あまり自転車効果は望めないのだけど「休日はそれで遊んでなさい」と28歳の乙女しきれて無い友人に我が家の自転車を貸し渡す。

それからは夜になるとぱくぱくぱくぱくササミを食べに我が家に来るのですが「ササミとキャベツだけで一ヶ月で6kgも痩せやがっていったい毎日何食ってたんだ」って感じを今日も過ごしてます。

改めて決意

友人は毎日晩御飯を作ってくれる彼女に感謝をしていたようです。そして裏切れないと。改めて決意表明の様な本来しなくてもいい今更「あたし痩せる宣言」をササミ食べながら涙を流して「あたし痩せるっ!」なんて言うこいつはやっぱりおかしいと思いましたが、これも友人の個性なんだと思います。

そして、大事な話をしているときに食べるのはやめろと説教をして、笑いと悲しみと怒りのトライアングルな関係を今日も我が家で展開しています。

考え方は人それぞれですし、色んな方法があって良いと思います。しかし、僕はダイエットという良い感じに使われる言葉よりも、「かっこよくなりたい」という外見をイメージしやすい言葉が大事なのではと思います。

僕の身の回りで起こったダイエットではなく、「かっこよくなる」為に動いた人達の話でした。