mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

はてなブログにプロいすぎ問題。その他、雑感。#9


先日、ぺんぎんのアイコンが可愛らしい通称ペンギンさんのブログを小5時間ほど夢中になり読んでいた訳ですが。

今日の雑感は「はてなブログにプロいすぎ問題」です。

感服いたしております

長い物語は好きだし、文字でぎっしり埋まった本も好きだったり。しかし文字ぎっしりな京極夏彦に求めるのは物語であって、何かを理解したくて読み漁る本には京極夏彦を求めてはいない。

読み漁ること何百何千頁とそれらの中から得たかった情報が、全く無かった時のダメージの大きさは、彼女に好きだよと言った所を母親に見られ聞かれた並みのダメージに匹敵する。


はてなブログはどうだろうか

僕ははてなブログのグループを徘徊するのがとても好きだ。しかし、いつものルートは大体が日記・その他の中の雑談だったりする。何かのジャンルにとらわれない好き勝手やらせてもらうぜなカテゴリーがお気に入りだ。

実の所それは単なる言い訳で、他のカテゴリーに属する方々がどういう人種でどんな感じで立ち振る舞っているのか未知過ぎて恐怖のあまり踏み込んでいない。


しかし、恐れを知らないその道のプロ達は、あろうことかこの雑記のブログにジャラジャラと音を立てて入って来る。既に彼らは現段階での自身のジャンルのレベルをカンストし、暇つぶしの如く小さないつ役に立つか分からない見識までも収集しているじゃないか。

いったんCMです。




はてなブログにプロいすぎて便利すぎる問題

はてなブログにはプロというプロがいすぎて便利すぎて困っちゃうくらい困ってしまう。

困っちゃうくらい困ってしまうという語彙がなかなか高まらない僕ですが、プロ達が提示する「仕組み、製作、表現」に、感服宣言した訳であります。

ほしい情報がWebサイト1ページで収集させてくれたここのプロ達に、とある資料7冊読んでも情報を得られなかった僕は感動した。


ありがとう、はてなブログのプロ達。