mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

今日、7月26日は幽霊の日らしいです


ざっくり言うと、1825年に「東海道四谷怪談」(鶴屋南北作)が初演された。となってますが、皆さん見ます?

幽霊見ますか?

僕こわいのダメでね、バイオハザードで壁から手が出てくるパターンのやつでびっくりして飛び上がるくらいです。


でもね、幽霊って怖い話ばかりじゃないんですよ。

例えばね、僕の話なのですが家のカーテンを閉める時にちゃんとしなくて真ん中がぴろんと開いてる事をよく母親に注意されていたのですが、おじいちゃんが亡くなった時に仮通夜でみんな家に集まってたんですよ。

それでね、その日もカーテンの真ん中がぴろんしていたわけですが、夜に母親が「あんたがちゃんとカーテン閉めないから庭に変なの見ちゃったじゃないの!」ってちょっと声荒げて僕に詰め寄ってきたんです。


変なのって、それおじいちゃんでしょ


「カーテン開いてるから閉めようとしたら庭でなんか変な青白いのが丸まってるの見た!」って言うのですが。


日向ぼっこしてるおじいちゃんでしょ


仮通夜に出てきたおじいちゃんの事を変なの見ちゃったって、おじいちゃん成仏してるのかね。

たまにお線香の匂いが部屋でするんだけど、「じいちゃんか?お小遣いくれ」って言うのですが、未だにくれません。


そういう類のないですか?

ブラインドの隙間の奥にこっちを見てる何かがいるとか、朝方に小鳥のさえずりかと思ったら「キャハ、キャハハハハハ」って大勢の女性の笑い声だったとか、夫婦同士で夜中に体に何か圧し掛かってる感じがあるとか。原因が猫だったりとか。


夏って子供の好奇心が爆発する時期なので、子供いくよね心霊スポット的なところ。都内でも結構ありますからね。

もし興味本位で行っちゃった場合、いっぱつバチコン頭痛くするのが良いと思いますよ。


「ほら、罰当たったでしょ」ってね。

心霊スポットに行って母親に超絶叱られた想い出が蘇る今日この頃です。