mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

【AdSense】雑記ブログが苦戦するアドセンス審査【価値の低い広告枠】


ブログ活動いかがでしょうか。

初っ端からですが、随分と耳が痛い目が痛い言葉だと思います。

価値の低い広告枠

勘違いして欲しくないのが、誰かを指さして【価値が無い】【意味不明】【出直してこい】と言っている訳ではない、僕はそう思いますよ。


では、何故価値の低い広告枠と言われてしまうのか。


雑記ブログのライター達が割と多く直面するこのワード。


アドセンスに関して、「審査合格のコツ」みたいな感じで検索をかけると結構出てきますよね。

果たして、そのコツとやらは、どこまで正しいのか。僕は些か疑問を持っています。


いや、疑問大ありです。


果たしてよく見るアドセンス審査のコツとやらは正しいのか?

  • プライバシーポリシーが必要?
  • メールフォームが必要?
  • 画像は使わない方が良い?
  • 雑記は難易度が高い?
  • 1記事の文字数2000文字?3000文字?
  • その他もろもろ


なぜ?すごく疑問ですね。


雑記というジャンルはとても自由です。ですが、逆にその自由を計り間違えてはいけないと僕は思います。



何故だれも言わないのか。



企業の批判に繋がる様な自分語りがあってはいけないという事を。

ましてやブログのタイトルや記事のタイトルに企業の批判に繋がる様な書き方があっては審査の段階で拒絶させるのではないだろうか。

もしも、仮に自分が広告をお任せする相手が企業批判をしているようならば、仕事を契約する段階でお断り…しませんか?




更にカテゴリーの多様化のしすぎ

例えば、雑記ではあるけれど、「レビューもします・体験談も語ります・自分の出来る事をお伝えします」というDescriptionは素晴らしいと思います。


タイトルの下にWebサイトの存在理由を明確に示す事はユーザーにとってどのような所なのか理解しやすいですし、Webサイトを利用しやすいです。これはGoogleに対してもアピールになります。

ただし、下記の様なカテゴリーの分類だと多様しすぎてWebサイトの特徴を活かしきれないと思います。

  • グルメ(2)
  • レジャー(1)
  • ライフ(1)
  • スポット(1)
  • オススメ(1)
  • ビジネス(1)
  • ホビー(1)
  • トラベル(2)
  • その他(1)
  • etc.(2)

これはカテゴリーではなく、タグだな。

1回で受かる人もいます。2回3回ダメで4回目で受かる人もいます。5回目ダメで6回目もダメで、10回やってもダメでした。

11回目で審査通れば良いじゃないですか。12回目で審査通れば良いじゃないですか。


見抜けていない所が必ずある

誰かが「ブックマーク」してくれるような、「なるほどね」と言ってくれるような、「すきま時間にちょっとだけ」と見てくれるような、大人にも子供にも誰かしらに何かに役に立つようなコンテンツ作りをGoogleはしてほしいわけですから、良識かつ健全は絶対必要です。

1回2回で受かっている人を目の当たりにすると悔しいと思います。愚痴も書きたくなるでしょう。

しかし、その愚痴を止めて、今一度見直してほしいと思います。



Webサイトが溢れかえった現状で個性を出す事は難しい

だからと言って個性を出す為に乱暴な言葉を使ったりするのは、良識外・健全ではなくなってしまうので、誰もが見て興味無くてただスルーされるくらいの手軽さをボーダーラインにする事も必要だと思います。


おもしろいブログはめちゃくちゃあります。そして審査に受からなくて困ってるブログも沢山見ます。

そんなおもしろいブログに更に活力になるような書き手側からするとコンテンツとも言えるのがGoogle AdSenseだと僕は思います。


アナタの良識的な部分全面をGoogleにぶつけてチャンスを掴んでほしいです。


いったい誰のことを言ってるんだって?ごめん、僕と一緒に働いてる従業員の話。