mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

自由を見誤り、そして「至り」る


フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(32)が6日放送の同局「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。ネット広告に自身の写真が無断で掲載されたことに対し、不快感を示した。
 番組では、過去に山崎アナの写真が、あるダイエットサプリの広告に無断で使用されていたことを紹介。キャッチコピーには「たった7日で10キロ近く痩せたので急遽使用を中断するほど前代未聞のダイエットを成功させた」などの宣伝文句があったという。

山崎夕貴アナ「嫌な気です」 ネット広告の写真無断使用に不快感 フジ「対処を検討」― スポニチ Sponichi Annex 芸能より引用

らしいよ。

さて、若気の至りとはよく言いますが、大人の至りとは聞きませんね。

若気の至り

若さにまかせて無分別な行動をしてしまうこと。 また、その結果。

皆さんは若気の至りをしているのでしょうか。または、若気の至りをした事があるのでしょうか。

僕が自身の若気の至りを一つ振り返るとするならば、上京した3か月後の給料の手取りが128万円だった事に気分が良くなり、100万円をズボンのポケットにそのまま入れて初めてパチンコ屋さんに行った事ですかね。

可愛らしいでしょ?やってる事のレベルは。

この100万円が原因で事件等が起きていた場合、それは若気の至りとは言えないでしょうね。

加害者もいなく、被害者もいなく、「今考えるとバカなことやったよなー」程度の事が若気の至りであって、見誤った自由の権利を盾に好き勝手にやる事とは違うのだと、僕は言いたい。


最近の広告には「ひどいモノ」がある

ヌードと言ってもおかしくない画像を使用し、そのヌードとも言える画像を使う事でどんなメリットがあるのか知りたいくらいだ。

都度、女性活動の一片を批判し、自分達が正義そのものの様に振る舞いながら叩く集団。どうしてこの様なケースの時に、または事前に多くの目に入っていたのに叩かないのか。そういうノリではないのだろうか。


下の画像、あえてモザイクを入れている。

なぜモザイクを入れるのか、それは嫌われたくないからだ。あるいは賛同を得られないから。

しかし、僕への支持者や別のコンテンツ等で僕のことを知ってくれて、またはよく思ってくれている方はきっとこの画像のモザイクがかかった文字、意味を一発で想像し答えを出すことが出来ると思う。


自由は見誤ると人を傷つける。

しかし、おっぱいを武器に好き勝手するとはどういうことなんだと言いたい。

ニュースとニュースの間にダイエット関連の広告を筆頭に、やれおっぱいだの育乳だのとおっぱい関連の広告が多いのは僕が普段からそれ系のサイトを見てるから関連広告として表示されてるとでも言うのか!!!


それは違う!!!


僕は普段ブログで紫色を使う時はちょっと怪しい場面に使い事が多い。しかし、今回は違う。

そろそろ「大人の至り」に対してきつく警告するべきではないだろうか。

女性向けのコンテンツのはずなのに、男性ホイホイの様な表現は自由ではなく、あれは悪だ。

「どれどれ」と見てしまった僕が言うのだから間違いない。


世間に迫害が及んでいる事実がある

批判の声があるのは、その関連した物事によって「迫害を受けた事実がある」場合がある。

非常に危険だと思うのは、この迫害された人達の神経を逆なでするかのような肯定した場面の街頭インタビューだ。


「批判で中止するのは残念だと思う」と言う声に、僕は「それはお前が関連した物事で被害を受けてないからだろうが」と強く怒った。

こういった怒りの矛先を対人事件に発展させない為にも、メディアは状況によっては顔を伏せる等の気遣いが必要だと思う。


先日、フジテレビで京アニ関連のニュースで誤りがありましたね。

「天才」を「アホ」と誤表記。


自由を見誤り貪った結果なのだろうか。そんな事を、今日も思う。