mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

G、あいつの名はG


連休明けた二日目にしても理不尽に押しつけられた様な仕事量に汗を流し、机をひっくり返したい気持ちをなんとか抑えながら頑張っている全てのワーカー達にふしぎなタンバリンで応援したい。

そんな中、僕は初めて糖質0g麺を食べて何故か盛大にお腹を下し、床に伏せながらゲームをしまくっている。

しかし、なぜ、どれもこれもごまだればかりなのか。

ごまだれハラスメントと言っても良いんじゃないかってくらいです。ごまハラですよこれ。

そう言いたかっただけ

先週末、『あおり運転』でSNS界隈がガヤガヤしていた頃、僕はキズナアイの問題について心を痛めていた。

どのジャンルでも、お金は絡む。私欲も絡む。しかし、そこを伏せて利用者に笑顔になってもらう事が大人のやるべきことなんじゃないかと思うのです。

headlines.yahoo.co.jp

そう、お金が絡むから直感で良いと思った事でも敵に塩を渡す様な事は公には出来ない。

しかし、このニュースになったヒーロー達は良かれと思った事を実践し、優しさや思いやりを具現化して僕に見せてくれた。スポドリを渡した彼だけがヒーローではなく、それを良しとした全ての人々がヒーローだと思う。

しかし、嫌な事、嬉しい事、感動した事、悲しい事、これらの感情を全てリセットさせる破壊力をもった奴がいる。

奴の名はG

エアコン真下のデスクで作業中の僕。

何かが降ってきた。何かが落ちてきた。何かが僕の右腕に当たった。エアコンからヒロインぶって登場したあいつがこんにちはとわざわざ挨拶しにやってきた。


ごきじぇっとおおおおおおおおおおおおおおおお

奴が息絶えるなら何がどうなっても構わない。たとえそこにこれから食べようとしていた大好きなモンブランがあろうとも、お前が息絶えるなら僕はありとあらゆる手段で戦いを挑む。

そして勝つ。

しかし、正直ショックだったのが、我が家の女性達は、Gを、、、


素手で掴んでベランダから外に投げ捨てる。

あのメンタルをどうやったら得られるのかを知りたい今日この頃です。