mikotohodo-三言ほど-

くだらない雑談と小さな情報を日常に

MENU

ただの日曜

午前中、少しだけお出かけしてきたのですが、天気はあいにくの曇り、または雨。

マスクをしてドアを開けるとマンションの住人に会い、こちらの顔を見ては「マスク売ってます?」なんて聞かれたのですが、正直「そんなんしらねーし」とは言いませんが、「知りません」とそっけな風に応えたのは僕ではなく、うちの子でした。

「マスクどうしてるんですか?」なんてまだ話しかけてくるので「前に買ってあったものです」と言うと、最初から嫌な感じはしていたのですが、「マスクって今どのくらいもってます?」なんて言われる始末。

ここはきっぱり言わないといけないと思い、「うちがマスクをどのくらいもっているか関係ありますか?」なんていうと相手はヘラヘラしているのですが、そういう大人が僕よりも気味悪がるうちの子が「かんけーねーし」と一言。

そのまま無視をしてマンションを出てきたのですが、子供に少し態度が悪いから気を付けなさいと注意を軽くしていたら手を繋がれて全ての事がどうでもよくなった。

テンション爆上がりである。

子供が好きか嫌いかといえば、特に子供に関して何の感情もない。しかし、うちの子に関しては大好きだ。そんな大好きなうちの子を守るためにやはり、心を鬼にしなければならない。

口は災いの元。もう一度、改めて注意をしようとしたら「お寿司食べにいこー」なんて言われ、断る理由もない。子供の掌の上で踊らされて本望だ。

先に外出をしていた彼女と合流し、スシローに行く。

毎度おなじみのサーモン何皿食べられるか競争をする。

少し前まではサーモンだけで10皿はいけたけど、今5皿食べたらもう口から油を吐きそうになる。

そんなことをやりながらマンションを出る時の事を彼女に話をしたら、先日世帯収入を聞かれて無視をしていたら「いいわね!おたくは!」なんて言われたそうだ。たまに年収を聞かれたりしたことがあったのだけど、今度は世帯収入に切り替えてきたらしい。

表面は良い人そうな感じだけど、中身は真っ黒な乞食体質なんて結構いるのでうっかり喋ってしまった…なんてことが無いように皆も気を付けて欲しい。